脂肪分を取り除いて

まぶたのたるみの原因の一つに目の回りの脂肪があります。切開法というたるみ解消手術では、

たるみを作っている脂肪分を取り除いて目の回りをすっきりさせるというものがあります。若い頃はたるんていなかったものの、年齢を重ねると共に皮膚のハリがなくなって脂肪が支えきれなくなった人や、まぶたが脂肪で厚めの人に適した手術法です。この方法では、たるみの原因となる脂肪を切開した部分から切除します。どの場所から切開するかは、手術部位ごとに違います。上まぶた脂肪を取り除く時はの二重のラインに沿って切開するか、眉の下付近を切開します。目の下側が気になっている人は、下まぶたの脂肪を除去する必要があります。この場合は、まつげのふちに沿うように切開します。二重のラインを切開する場合、切開の跡は二重のラインと重なるので非常にわかりにくくなります。切開法には、上下のまつげのラインに沿ってメスを入れるものもあります。その後縫い合わせるというものです。シズカゲル 販売店