美白

美白ということで肌は白い方が良いと考えてる人も多い反面、肌はある程度小麦色が健康的で

良いと考える人もいます。皮膚の色は人種の違いやまた以前的に親から受け継いだメラニンの色素を作る能力の違いによって決定されます。もしかすると食べるものによっても皮膚の色が変わってくるのではないかと考えている人もいるかもしれませんけども、食べ物によって皮膚の色が変わるということはまずありません。後で皮膚が黒くなるつまり後天的なもので影響が大きいのは何と言っても、日航の紫外線ということができます。海や山に行きますとたちまち日焼けをしてしまいますし、シミやソバカスはますます黒くなってしまいます。これは紫外線の強烈な採用から内部の組織を守るためにメラニン色素がどんどん合成されてゆくのでメラニン色素そのものは実は優れた遮光フィルターの役割を果たしているということができるでしょう。ですから南に色素が必ずしも悪いというわけではありません。マユライズ