歯並びが悪い

歯並びが良い人というのは顔がキレイであるということができると思います。

歯並びがガタガタでありますと、顔全体の造形美も崩れてしまうということができます。ではどうして歯並びが悪くなるということがあるのでしょうか。歯並びが悪いことを不正咬合をというふうに入りますけども、この不正咬合の原因にはいろいろあります。大きく分けるならば遺伝、先天的なもの、後天的なものというふうに分けるということができます。先天的な原因としては歯の数の異常、口蓋破裂といったものがあるようです。また後天的な原因としては、発育不良、乳歯の早期喪失、または晩期残存、永久歯の早期喪失、歯周病といったものが考えられるということです。しかし不正整合の患者が多い原因は顎の大きさと歯の大きさのアンバランスということができます。人間のあごはだんだん小さくなっているようですが。それに歯の大きさが追いついていないということが原因というふうに考えられているようです。スキンフェアリー