ヒアルロン酸で肌の見られ方が変わった

若い頃から肌がキレイな方ではありませんでしたが、加齢と共に一段と自分の肌に自信が持てなくなっています。男でも、外に出れば顔は看板の役割をします。いまさら顔の作りは変えられませんが、肌は食事やサプリ、あるいは化粧品など工夫次第で、ある程度の改善が可能だと思います。

そうであるだけに、道行く人は肌の冴えない人を見ると、どうしてもっときちんと手入れをしてから、外に出るようにしないのかなと、いぶかしがるのかもしれません。私の顔を見て自分の顔に手を当てる人が少なからずいます。口に出さないまでも、「汚い肌をしているな」「肌の手入れを怠っているな」と口ごもっているように見えます。

考えすぎかもしれませんが、そのくらい自分自身、肌が冴えない、もっと言えば汚いなといつも感じています。劣等感になっていることは間違いありません。

そんな私を見かねたのかある時、身内がサプリを送ってくれました。プラセンタ、コラーゲン、ビタミンC、ヒアルロン酸・・・・・・。肌によさそうなものばかりでした。全てを併用するわけにも行きませんので、一つか二つを服用して、どれが自分に聞くのか様子を見て見ました。

あくまで私の個人的な体験になりますが、ヒアルロン酸がもっとも効きました。効き目の尺度は一つです。すれ違う人が私の顔を見て、自分の顔に手を当てるかどうかです。ヒアルロン酸を口に含んでから外出すると、顔に手を当てる人はほとんどいなくなりました。

首イボクリームで人気のクリアポロンの口コミ