酵素を食事で取り入れる方法

年齢と共に自分の体で作り出す酵素の量は低下していきます。不足しがちな酵素は、食事から取り入れることで補うことが可能です。では、酵素を食事で取り入れる方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

酵素は熱に弱いという特徴があるため、生野菜や生で食べることが多い果物から取り入れるのがおすすめということになります。特に酵素が多いと言われている果物に南国系の果物があります。青パパイヤに含まれているパパイン酸という酵素はさまざまな栄養素を分解する能力がある消化酵素としても知られています。

また、薬味に使われる野菜類にも酵素が豊富に含まれています。大根には脂肪やタンパク質を分解する酵素が含まれているため、脂っこいものやお肉、お魚と共に食べることがおすすめとなっています。さらに、非加熱の発酵食品にも酵素は多く含まれています。特におすすめのものとしてはキムチがあります。キムチには植物由来の乳酸菌と共に、酵素がたくさん含まれていますので、消化を助けると言われています。

ただ、このような食べ物から酵素を摂取することを目的とした場合、かなり多くの野菜を食べる必要が出てきてしまいます。残念ながら多量の野菜を食べることは難しいため、酵素入りのドリンクやサプリなどを活用することもおすすめです。